« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月の記事

2010年6月24日 (木)

携帯109(Yahooとノキアが提携) iPad暮らしに浸透中

今月は前段は「iPad」についてに後段の携帯の話では携帯の昨今の話題についてです。それでその2回目の今回は前段で「iPad暮らしに浸透中」(朝日新聞5月25日)、後段では「Yahooとノキアが提携」(日経528日)について述べます。

.                      

.

<iPadのはなし> iPad暮らしに浸透中:
.

       変る日常:
 ワシントンに住むラソーラさん(25)は、毎朝のiPadメールチェックから始まる。 通勤するときもiPadでのメールチェック、ビデオ学習、電子書籍・新聞閲覧などをしている。 職場ではデスクトップパソコンを脇におき、ツイッター画面に切り替えて情報を更新している。 顧客と会う際、自社のホームページをiPadに表示する。 IPadはパソコンよりも起動時間が短いので便利であるという。
 iPadを肌身はなさず使う人が増えてきているが、オバマ大統領はこれに警鐘をならしている。 「勉学の妨げになり、気が散る原因、一種のごらくになってしまった」と。

       変る読書:
 iPadは読書のスタイルを変えてしまっている。 いくら本を買っても所蔵スペースがいらなくてすむのがよい。 電子図書は半額以下と安くてよい。 先が細る新聞業界や雑誌業界には、iPadは頼みの綱に写る。 新たな収入源にしようと検討するところは多い。
 だがiPadに懸念の声もある。 ある風刺漫画ソフトがiPhoneで規定に違反しているとして、販売にストップをかけた。 しかしそのルールはまだ定まってはいない。

       変る教科書、変るカルテ
 電子書籍以外にもiPadの用途は多数にある。 大手のテレビ局ABCは最新の放映済みドラマなどを無料配信している。 Ipadは仕事の風景も変えそうである。 学生にはメリットがる。 分厚い教科書を何冊も持ち運ばなくても済むようになるし、価格も安い。 
 複雑な情報を扱う医療の現場でも期待されている。 画面にカルテやX線画像を表示して患者に説明したり、医師の書いた処方箋を薬局に流したりと便利になっていく。 現場は取組みはじめている。

.

. .

.

<携帯のはなし(109)> Yahooとノキアが連携(グーグル・ソニー連携につぎ)

ソニーとグーグルの提携に続き、携帯電話世界最大手のノキアが米国Yahooと提携することになった。 ネット接続がパソコン主役の時代が終わり、米国アップルのiPadを皮切りに、携帯がつぎつぎに現れようとしている。 グーグルとソニーの提携は、テレビへのインターネットの導入を狙ってのことであるが、ノキアはメールや地図情報をYahooと組み、全世界に提供しようとしている。 利用者はパソコンと携帯の違いを意識せず、さまざまなネットサービスを利用できるようにする。 ノキアはスマートフォンでアップルの攻勢を受けており、Yahooと組んで対抗しようとしている。 米国のナスダック市場ではマイクロソフトをアップルが凌駕するようになったが、それはパソコンの時代から携帯スマートフォンなどの時代へと変ってきていることをうけている。 

ネットの新時代に生き残れるのは、ネットサービスと機器の技術をもった企業連合である。 ソニーとグーグル、ノキアとYahooはその戦略にうってでるが、多くの日本企業はハード依存の収益構造から抜き出せない。 機器単体では韓国勢、台湾勢に価格面ほか劣勢にあり、その企業連合が急がれるときなのである。
.

.

.

ブログの総目次は 下記をクリックしてご覧ください。

   http://www.abcaiueo.com/

2010年6月14日 (月)

携帯108(ドコモの損保販売) iPadの人気の秘密

今月は前段は「iPad」について、後段の携帯の話では携帯の昨今の話題についてです。それでその一回目の今回は前段で「iPadの人気の秘密」(朝日新聞522日)、後段で「ドコモの損保販売」(日経330日)について述べます。

.                      

.

<iPadのはなし> iPadの人気の秘密:
.

       iPadは液晶画面をもつ薄型の情報端末ですが、重量が680gと軽く、持ち運びにとても便利です。iPadはiPhoneと同じOS技術で作られておりよく似ています。 IPhoneのソフトがそのまま動き、操作もほぼ同じです。 しかしiPadは電話ではないので通話することはできません。

       iPadの最大の特徴はディスプレイです。 iPhoneは電車内などでは小さく便利ですが、じっくり文章を読んだり、調べものをするにはやや不便です。 iPadは画面が大きくそれらを解決してくれます。 IPhone以降タッチパネル方式のソフトが多数出てきていますが、画面が大きくなれば一層加速しましょう。 面白いものが登場してくる可能性が高いです。

       バッテリー動作時間も無線LANで通信したままで10時間ほど連続使用できます。 大きく表示でき、バッテリー動作時間も長いので、電子書籍、雑誌やコミックなどの作品を表示させるのに向いています。 多数の企業がiPad向け電子書籍を開発してくるでしょう。

       つまりパソコンで出来ることが、膝の上で、電車の中で、外出先で気軽にできるのがiPadです。 パソコンに満足している人には、ソフトも少なく、不便かも知れません。 しかし、ページめくりなど気軽に電子書籍やらアプリケーションを楽しむのであれば、パソコンより優れた特徴があります。

       通信手段として「WiFi(ワイファイ)」モデルのものと、「WiFi+携帯電話網3G」のものとがあります。 前者の場合はiPad向け通信費はかかりません。 無線LANモデルなので、自宅や職場、あるいは公共の無線LANサービスなどを使って通信することになります。 電車内など一般外出先では、無線LAN環境にないので、一般には「WiFi+携帯電話網3G」設定となり、携帯電話のデジタル掛け放題の契約が必要になります。

.

. .

.

<携帯のはなし(108)> ドコモ損保販売のはなし

NTTドコモは損害保険事業で東京海上日動火災保険と提携する。 時間や場所に関係なく加入できるメリットのある携帯電話での商品を共同開発する。 またKDDIもあいおい損害保険と共同出資会社を設立しており、各社本業の伸びで悩むなかサービス多様化の動きがある。

保険期間を一日単位で加入できるため便利よく、保険料も1日当たり数百円程度と、従来の保険商品よりも大幅に安く設定できるという。 加入手続きも簡単だし、保険料も毎月の通信費と一緒に支払いできる。 ドコモは3年後300万の加入を見込んでいる。

国内の携帯電話市場は契約総数が1億件を超えて成長が鈍化している。 通信各社は金融や健康医療、環境など異分野での新規事業の立上げに力を入れている。 ドコモはクレジットカード、送金サービスなど携帯の特徴を生かしたサービスの提供を開始しているが、利益面で貢献するまでには至っていない。 
.

.

.

ブログの総目次は 下記をクリックしてご覧ください。

   http://www.abcaiueo.com/

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »