« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の記事

2008年10月27日 (月)

携帯45(タクシーの呼び出し) 使い方38(曲フルを聴く)

携帯の話No45、今月と来月の携帯の話は「実用的な携帯ウェブサイト」についてです。 その4回目の今回は、「タクシーの呼び出し検索」についてです。 また後段の携帯の使い方(38)は、「携帯で音楽を聴く」についてです。 前段は雑誌ケータイBESTVol43号を参考にしました。 

.

.

<実用的な携帯ウェブサイト> :タクシーの呼出し検索

タクシー会社のサービスを探すサイトはいくつもあります。 最近はそれが進化しており、GPSを使って現在位置を確認しその近くのタクシー会社のタクシーを呼べるほか、クレジットカード付きだとか禁煙タクシーなどの指定できるようになってきています。 出張先などではとても便利なものなので、お気に入りへ入れておくとよいでしょう。 

そのひとつ「らくらくタクシー」というサイトがあります。 http://www.rakurakutaxi.jp/  ここでは定額制のタクシー料金を提供しており、渋滞にあっても、信号待ちが多くても料金が上がる心配がないので安心です。 通常のタクシーよりも料金が安いのも魅力です。 例えば、羽田空港から六本木ヒルズまでのタクシー料金は、通常ですと凡そ5930円ですが、定額制タクシーであれば5030円と900円もお得になります。 AuではGPS情報に対応しており、現在位置から無線呼出しができる近くのタクシー事業者を検索してくれます。 また目的地までの凡そのタクシー料金を調べることもできます。 

また、モバイル版のタクシー専門サイト「タクシーサイト」というのもあります。http://mb.taxisite.com/  こちらでは、全国のタクシー事業者をカバーしており、地元のタクシー会社を検索して電話呼び出しができます。 NTTドコモではオープンiエリアを使って、auではGPS機能を使って現在位置情報から呼び出しをすることができます。 Auのタクシーサイトモバイルでは、現在地をGPSでチェックすると、無線配車のできるタクシー事業者が一覧で表示されるようになっています。 そのほかにも、条件付でタクシーを選ぶこともできます。 余り条件をきつくすると見つかり難いですが、各種条件を入力できるようになっています。 例えば、「福祉車両」「女性ドライバー」「ジャンボ車両」「クレジットカード支払い」「デビットカード支払い」「外国語使用」「チャイルドシート付き」「観光案内可能」「禁煙サービス」などなどの項目に入力ができるようになっています。

.

.

<携帯インターネットの使い方 (3)> 携帯で音楽を聴く

全曲を聴く設定について説明をします。 石川さゆりの「天城越え」をホームページからダウンロードしてイヤホンで楽しむやり方でお話します。 

まずイヤホンを購入すると、周囲に迷惑が掛かりませんのでお勧めです。 イヤホンはドコモショップなどキャリアのお店で購入します。 両耳タイプで2205円、片耳タイプで1365円です。 これを購入し、携帯のわき腹にイヤホンコネクタがありますので、そこへ差し込みます。 ボリュームは差込み口の傍の矢印ボタンで調整できます。 ハードの準備ができましたら、ホームページからダウンロードをしましょう。

ダウンロードするには、Iモード使い放題の契約をしてからでないと、多額の金額が掛かりますのでパケホーダイなどの使い放題の契約をしてあるか確認をしておいてください。 またその他に、音楽1曲あたり500円ほどの曲購入費をサイト支払うことになります。 以上がOKであればインターネットに接続してダウンロードをしましょう。 待ち受け画面から、「Menu」→「Iモード」→「メニューリスト」→「着うたフル」→「レコード会社直営」→「検索」→「石川さゆり」と入力し「検索スタート」をクリックします。 数件あり、「石川さゆり」・・・と表示されるので、適当な「石川さゆり」を選択→全曲をひととおり見て→「天城越え」をクリック→「承諾して無料マイメニュー登録」を押す。 「iモードパスワード」入力画面になるので、パスワード(初期設定を変更してなければ、0000)し、「ダウンロード」をクリックします。 携帯本体へダウンロードされますので、携帯本体で聴いてみましょう。

携帯本体での音楽傾聴は、待ち受け画面から「Menu」→「データBox」→「ミュージック」→「アーティスト」→「石川さゆり」→「天城越え」で聴くことができます。 次に、その音楽をSDカードへ移動する方法ですが、これは上記「天城越え」を聴く状態において「Menu」を押して「移動」→「micro SDへ移動」→「はい」で移動ができます。 「天城越え」の曲は2.3Mバイトですので、1GバイトのSDカードであれば400曲近くを保存することができます。 因みに64Mバイト(2500円)、1Gバイト、2G などがあります。 なお本体メモリーは17Mバイトしかありませんので、音楽をダウンロードしたらSDへ保存することをお勧めします。

micro SDに保存できたら、本体保存のものは削除します。 待ち受け画面より→「Menu」→「データBox」→「アーティスト」→「石川さゆり」→「天城越え」→「Menu」→「削除」をして、本体のデータBoxを軽くしておきましょう。

最後にmicro SDから曲を聴くやり方についてですが、待ち受け画面より「Menu」→「Life Kit」を選びます。 続いて、「micro SD」→「マルチメディア」→「ミュージック」→「アーティスト」→「石川さゆり」→「天城声」→「再生」で聴くことができます。 イヤホンをつけますとイヤホンから聴くことができますが、抜いた際スピーカからの音楽は聞こえません。 マナーモードになっていますので、マナーモード解除を押してください。 以上のやり方で、ホームページから曲をダウンロードして楽しむことができましょう。 お楽しみください。

.

.

ブログの総目次は 下記をクリックしてご覧ください。

   http://www.abcaiueo.com/

2008年10月19日 (日)

携帯44(徒歩、路線の検索) 使い方37(受信着うた設定)

携帯の話No44、今月と来月の携帯の話は「実用的な携帯ウェブサイト」についてです。 その3回目の今回は、「徒歩ルート、路線の検索」についてです。 また後段の携帯の使い方(37)も、 携帯での「携帯着メロの設定」についてです。 前段は雑誌ケータイBESTVol43号を参考にしました。 

.

.

<実用的な携帯ウェブサイト> :徒歩ルート、路線の検索について

単なる電車の乗り換え案内ならば、無料サービスでのものも多数あります。 中でもYahooの「行き先案内(ベータ版)」は地図情報と連携したサービスで注目される。 現在地をGPSで取得した上で、駅までの徒歩ルートを表示したり、更には電車での乗換えルートを案内してくれる。 

http://map.bobile.yahoo.co.jp/ モバイルYahoo地図情報の中にある新サービスだ。 AuEZナビウォークのようなサービスを、無料で提供している。

.

次にYahooの「路線情報」について紹介します。 http://transit.yahoo.co.jp/ 無料で乗換え案内をみることのできる定番のサービスです。 GPSで現在位置をチェックし、最寄り駅から目的駅までの電車ルートを表示してくれます。 電車時刻も調べることができます。 よく使う駅、最寄の駅などを登録しておくと便利です。 普段使用している路線の遅延状況をトップページに表示させておくことも可能です。

.

.

<携帯インターネットの使い方 (3)> 携帯着メロの設定について

まず、ウェブサイトからの音楽のダウンロードですが、Yahooなどの検索サイトから歌手名や曲名を入れて検索するのが早いかも知れません。 そのようにして検索しますとl人気の高い順にサイトが表示され、曲ダウンロードのサイトも上の方に見つかります。 その見つかった曲名のところには、「着うた」とか「着フル」と記載されています。 「着うた」は30秒ほどの録音で電話着信などに使えるものです。 「着フル」は曲全体を録音できるもので、3分、4分ほどの音楽の録音になります。 

ダウンロードの際には、携帯電話の電話番号を登録しなければなりません。 また「1曲150円掛かりますが、よろしいですか?」との問いなどにも「はい」と入力します。 「Iモードパスワード」も要求してきます。 パスワードを特に設定してない人は、初期設定の「0000」になっていると思いますので、これを投入してください。 それらを投入しましたら、「マイメニュー」(お気に入り)へ登録しダウンロードをします。 ダウンロードのところにきましたら、「再生・保存・戻る」のボタンがありますので「保存」をおし、「携帯SD」のボタンを押してSDへ保存します。 電話着信音に使う音楽であれば、SDへの保存ではなく、携帯本体への保存にしてください。あく

では次に、保存の着うたを受信音に設定する方法について説明します。 待ち受け画面より「Menu」→「設定」→「音/バイブ」→「音設定」→「電話着信音設定」→「電話着モーション」→「メロディー・着モーション・ミュージック」と出てきます。 ここで「メロディー」を押せば、前回説明の各種ベルの設定になりますが、「着モーション」を選ぶと着信時に着うたが聞こえるようになります。

電話受信時の着うたの設定は、音楽が携帯本体に保存されていなければなりません。 ウェブサイトからダウンロードの際、マイクロSDに投入してしまったならば、SDから携帯本体へ移行する作業が必要です。 そのやり方について説明します。 着うたを聞く状態にまずしますが、それには「Menu」→「データBox」→「Iモーション」→「microSD」→「動画キー」→「初期フォルダ」→取り込み曲を選択→「Menu」→「移動」→「本体へ」で本体に曲が入ります。 携帯本体に入っているかの確認は、待ち受け画面から「Menu」→「データBox」→「Iモーション」→「Iモード」→曲を選択 で聴くことができます。 本体へ短い音楽が入りましたら、前期の受信音の設定をしてください。

.

.

ブログの総目次は 下記をクリックしてご覧ください。

   http://www.abcaiueo.com/

2008年10月12日 (日)

携帯43(モバイルマップ) 使い方36(着信音の設定)

携帯の話No43、今月と来月の携帯の話は「実用的な携帯ウェブサイト」についてです。 その2回目の今回は、「モバイルマップ」についてです。 また後段の携帯の使い方(36)も、 携帯での「携帯着信音の設定」についてです。 前段は雑誌ケータイBESTVol43号を参考にしました。 Iモード未契約の方は月々1000円少々プラスから、ウェブサイトを見られるようになりますので、チャレンジしてみてください。

.

.

<実用的な携帯ウェブサイト> :モバイルマップについて

GPS対応の地図サービスがいろいろと出ている。 ドコモの付属ではゼンリンが月額315円で、AuからはEZナビウォークを月額210円で出している。 それに対して、モバイルGoogleマップやモバイルYahoo地図情報は無料で、航空写真にも対応するなど魅力的である。 有料サービスを超える数々の機能もあって注目されている。

モバイルGoogleマップはドコモのアプリだが、他のキャリアの携帯も地図表示までは見ることができる。 またYahoo地図情報はAuやソフトバンクの携帯だが無料で見ることができる。 GPS地図や航空写真表示も可能である。 航空写真は、家一軒一軒が確かめられるほどに細かく表示され、自宅や会社など良く使う場所には「*」マークをつけて、お気に入りリストへ登録することができる。 またGPS地図を使っては、少々手はかかるが、現在自分のいる位置を表示することができる。 ナビゲーション機能もついており、電車の乗り換えルートを表示するほか、徒歩ルートも表示してくれ道案内人になってくれる。

GoogleMapはドコモの携帯で、http://www.google.co.jp/gmm/ より見ることができる。 GPS機能はドコモ向けになっているが、その他一般地図情報はAuとソフトバンクのサイトででも見ることができる。 Au、ソフトバンクでのアドレスは、http://www.google.jp/ で「地図」の項目より入る。 一方、モバイル版Yahooの地図情報は、GoogleMap同様GPSでの地図確認のほか、詳細な航空写真も表示できる。 Au、ソフトバンク向けであるが、NTTドコモ向けのIモードアプリ(スクロール地図)も提供している。 Yahoo地図情報のアドレスは、http://map/mobile.yahoo.co.jp/ よろ閲覧できる。

.

.

<携帯インターネットの使い方 (36)> 携帯着信音の設定について

今回は携帯電話が掛かってきたときの、着信音の設定と着メロの設定についてお話します。 着メロのホームページからのダウンロードについては、次回説明をします。 着信音の設定について、以下ドコモ900シリーズにより説明します。 まずベルの音色の設定です。 待ち受け画面から「Menu」を押し、→「設定」→「音/バイブ」→「音設定」→「電話着信音」→「電話着信音」を押します。 つぎに出てくる項目が「ミュージック」になっていたら、その「ミュージック」をクリックして「メロディ」に直します。 次いで「着信音1~n」の項目をクリックし、「プリインストール」を押します。 これで、設定ができ音色を確認できます。 音色確認をしている状態で、下向き矢印「↓」を押しますと、「音色2」「音色3」と移って行き、多数の着信音を聞くことができます。 よければ、その音色のところで、「確定」を押します。

次に着メロの設定についてです。 着メロを携帯の本体へ登録しておいてください。 着メロをSDカードに保存したのであれば、SDカードから本体へまず移動しておいてください。 まず、その移動方法について説明します。 着メロを聞く状態にします。 「Menu」→「データBox」→「iモーション」→「microSD」ボタンを押して、「動画」→「動画」→「初期フォルダ」→ 登録してある音楽を選ぶ。 以上により音楽を聴くことができます。 その音楽を本体へ移動するには、音楽を聴いている状態で「Menu」を押し、続いて、「移動」→「本体へ移動」を押します。 本体へ移動した音楽の確認は、待ち受け画面から「Menu」→「データBox」→「iモーション」→「iモード」→登録してある音楽を選択によって、音楽を聴くことができます。 では本体に保存した音楽を着メロに設定する方法についてですが、上記の着信音の設定とほぼ同じです。 待ち受け画面の「Menu」から「設定」→「音/バイブ」→「音設定」→「電話着信音」→「電話着信音」と押します。 次に「メロディ」となっていたら、それをクリックして「着モーション」を選びます。 音楽の曲名がひとつ表示されていますので、それをクリックし、「iモード」を選択、携帯本体に取り込んである曲を選び、「登録」を押します。 マナーモードになっていたら、そのモードを解除してください。

.

.

ブログの総目次は 下記をクリックしてご覧ください。

   http://www.abcaiueo.com/

2008年10月 6日 (月)

携帯42(Googleメール) 使い方35(転送メールの設定)

携帯の話No42、今月と来月の携帯の話は「実用的な携帯ウェブサイト」についてです。 その1回目の今回は、「万能無料メールGmail」についてです。 また後段の携帯の使い方(35)も、 携帯での「転送メールの設定」についてです。 前段は雑誌ケータイBESTVol43号を参考にしました。 Iモード未契約の方は月々1000円少々プラスから、ウェブサイトを見られるようになりますので、チャレンジしてみてください。

.

.

<実用的な携帯ウェブサイト> :万能無料メールGmail

Gmailは大容量のメールを保存でき、迷惑メールの排除をしてもらえ、しかも無料サービスですので多くのユーザが使用しています。 元々はパソコン向けのメールサービスで、アカウントなどの設定はパソコンからする必要があります。 ケータイに便利な機能が沢山あるので、ケータイユーザにもお勧めです。 Gmailで便利なのは、他のメールアドレスのメールを送受信できること。 プロバイダや会社で契約しているメールを、契約時のパソコンを使わないで、ケータイから直接アクセスできるということです。 旅先で会社に来ているメールを見たいときなどに役立ちます。 プロバイダに来ているメールをケータイへ転送する機能もあります。 

Gmailはこれまでのメールの操作とは、異なります。 例えば、メール返信などをした際、受信メールと返信メールが同じメール項目で開くようになっています。 処理の終わったメールは「アーカイブ」をクリックして隠し、必要なメールだけが纏めておくことができます。 「アーカイブ」は受信トレイにあるメールを別の場所に保存する機能のこと。 

Gmailの設定についてですが、Gmailの利用にはGoogleアカウントが必要です。 Googleアカウントの設定は、パソコンで行います。 GmailURLアドレス( http://gmail.com/ )から申込をします。 姓名とメールアドレスを登録することにより、申し込めます。 Googleアカウントの取得は無料であり、これを取得しますと他のGoogleのサービスを利用することもできるようになります。 Googleのメールアドレスを取得終われば、http://mail.google.com/ を入力するとそのメールでの受送信画面になります。

つぎにパソコンのメールを送受信できるようにするパソコン連携設定の方法について説明します。 これもパソコンで設定します。 こちらでGmailのアドレスを入力、「他のメールアドレスを追加」の項目を押して、パソコンのメールのメールアドレスや、そのメールのパスワード、Popサーバーのアドレスなどを入力します。 これで、ケータイによりパソコンのメールを送受信したり、ケータイに届いたメールをパソコンに転送したり、ケータイからのメールをパソコンのアドレスから送信したようにすることもできます。

この他にもGmailは、迷惑メールのフィルタリングサービスを受けたり、受信メールを検索キーで探すことができるようになっている。 添付ファイルをテキスト表示にしてみることができます。 そしてメールの容量が2500メガバイトまで無料でサービスを受けられるメリットもあります。

.

.

<携帯インターネットの使い方 (3)> Gmailの使い方

Gmail では、受信したメッセージを他のメール アカウントに自動転送できます。 

メッセージを自動転送するには、次をご覧ください。 (以下Googleメールのページを参考にしての記述です)

  1. Gmail アカウントにログインします。

  2. Gmail ページの上部にある [設定] をクリックします。

  3. [設定] ボックスの上部にある [Forwarding and POP/IMAP (転送と POP/IMAP 設定)] をクリックします。

  4. メッセージの転送先のメール アドレスを入力します。

  5. プルダウン メニューでメッセージの操作を選択します。 メッセージのコピーを受信トレイに保存したり、[すべてのメール] [ゴミ箱] に自動的に移動するよう設定できます。

  6. [変更を保存] をクリックします。

フィルタを作成 

  1. Gmail ページ上部の [ウェブを検索] ボタンの横にある [フィルタを作成] をクリックします。

  2. フィルタ条件を該当する欄に入力します。

  3. [フィルタ テスト] をクリックすると、アカウントに現在あるメールのうち、フィルタ条件と一致するものを確認できます。フィルタ条件を変更してフィルタ テストを実行する、または [次のステップ] をクリックすることもできます。

  4. リストから操作を 1 つ以上選択してください。 フィルタ条件と一致するメールに対して、表示されている順番に選択した操作が行われます。たとえば、条件と一致するメールを特定のメール アドレスに [転送] し、それからそのメールを [削除] することができます。

  5. このフィルタをアカウントの既存のメールに適用する場合、[フィルタを次の x スレッドにも適用] チェックボックスをオンにします。

  6. [フィルタを作成] をクリックします。

メール内でフィルタを作成するには、次をご覧ください。 

  1. [返信] の横にあるプルダウン メニューをクリックします。

  2. [次のようにメールを選別します] を選択します。

  3. フィルタ条件を該当する欄に入力します。

既存のフィルタを編集または削除するには、次をご覧ください。 

  1. Gmail ページの右上にある [設定] をクリックします。

  2. [フィルタ] をクリックします。

  3. 目的のフィルタを見つけ、編集する場合は [編集] リンクを、削除する場合は [削除] リンクをクリックします。

  4. 編集する場合、新しいフィルタ条件を該当欄に入力して、[次のステップ] をクリックします。

  5. 操作を変更して、[フィルタを更新] をクリックします。

作成できるフィルタの数に制限はありませんが、他のアドレスへの転送を設定できるのは 20 個までです。

.

.

ブログの総目次は 下記をクリックしてご覧ください。

   http://www.abcaiueo.com/

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »