« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の記事

2008年8月30日 (土)

携帯37(燃料電池携帯) 使い方30(進化する携帯)

携帯の話No37、今月の「ケータイの近未来」の4回目は、「燃料電池によるワンセグ長時間使用」についてです。 また後段の携帯の使い方(30)は、使い方は一休み 「進化するケータイ」です。 前段はソフトバンク雑誌・ケータイBestVol43を参考にしました。

.

.

<ケータイの近未来> :燃料電池によりワンセグ長時間使用

今のケータイはいろいろなマルチメディアに使用され、長時間見たり、遊んだりできるようになっています。 なかでもテレビやゲームは何時間も電気をつけっぱなしにして楽しむことになります。 そこで問題は電池の寿命ですが、携帯メーカ各社はその長時間化の研究を続けています。 今のところ電池の種類は相変わらずで、リチウムイオンのままで作られています。 リチウムイオン電池では、充電に2時間かかること、1年で寿命がきてしまうことなどやっかいな問題があります。 この電池が燃料電池にできますと、さまざまな問題を解決することが出来ます。 今日はこのお話です。

ケータイに使われる燃料電池は、燃料としてメタノールが使用されます。 リチウムイオン電池のように充電時間は不要で、燃料を入れれば直ぐに使い出すことができます。 持続時間の長さも、リチウムイオンより優れており、既存のバッテリーの3倍になります。 メタノールを9ミリリットル入れれば9Whまでまかなえ(現在の電池容量は3Wh)、より小型にもできます。 燃料ボトルを持っていれば、どこででも簡単に充電できるのもメリットです。 コンビニででも購入できるようになれば、今のように電気のコンセントがなくても済みます。 この燃料電池のケータイの実用化時期ですが、2年後を目標にして開発が進められています。 期待しましょう。

.

.

.

<携帯の使い方(30)> 進化するケータイ

今でもカードほどに薄い携帯電話もあります。 このように益々薄くなっていこうとしています。 いろいろなところに持ち運べ、便利に活用できるように活用できるようになってきています。 電波の届かないところも少なくなってきています。 

ケータイの型式によりますが、今既にビデオのできる携帯、GPSで居場所がわかる携帯、危ないときに即座にブザーを鳴らせる携帯、お財布代わりになる携帯など広く使われてきています。 2011年からは全てのテレビ番組がデジタル放送になり、映像や音が綺麗になって行きますが、これを携帯電話ででもみられるようになるでしょう。 携帯の付帯機能としては、ラジオ機能を持ったもの、ストップウォッチ機能、ライト機能、歩数計機能、磁石機能をもったものなどがあります。 その他にもいろいろな機能がありますのでご自分の携帯にどのような機能があるのかを確かめておきましょう。

もっと将来の話ですが、世界中どこにいても通話ができるようになるかも知れません。 そして小型化が進んで手で持たなくてもすむようになるかも知れません。 SF映画やアニメで見るような、腕時計や指輪型、ボールペン型、イヤホン型など夢ではありません。 またお財布携帯の延長線上で、電車やバスのチケット、映画などの入場チケットなどもケータイでできるようになる、これは早く実現してきましょう。 またもっともっと未来、20年後くらいには、外国語が分からなくても、自動的に通訳されて話したり、友達の立体映像を見ながらテレビ電話をしたりできるかも知れません。 

またこんな携帯があったらばと思われる機能も考えられています。 太陽電池で充電しなくて済む携帯、カイロのように冬には暖かく身体を温めてくれる携帯、水中で話せる携帯、バイブの種類を調整できるマッサージ器になる携帯などなどあるとよいですね。

今月は2回、使い方から外れましたが、次回からは以前のように使用法に戻ります。

.

.

ブログの総目次は 下記をクリックしてご覧ください。

   http://www.abcaiueo.com/

2008年8月21日 (木)

携帯36(多チャンネル化) 使い方29(電話の歴史)

携帯の話No36、今月の「ケータイの近未来」の3回目は、「多チャンネルケータイ放送時代」についてです。 また後段の携帯の使い方(29)は、使い方は一休み 「テーマパークに行って見よう」です。 前段はソフトバンク雑誌・ケータイBestVol43を参考にしました。

.

.

<ケータイの近未来> :

2011年にはアナログテレビがデジタル化されるので、アナログで使っていた周波数が“空き地”となる。 現在その空き地を巡って、2つの規格が攻防を続けている。 その候補に上がっているのが、ワンセグを発展させた放送規格である「ISDB-Tmm」とクアルコムが進める「MediaFLO(メディアフロー)」である。 後者は既にアメリカで実証されており具体化されてきており最有力で注目されている。 今回はその「MediaFLO」について説明をする。

MediaFLOの最大の特徴は“モバイル環境での利用に特化している”ことである。 「電波の利用効率が高く、帯域を動的に使える」との特徴である。 現在のワンセグは、各放送局に対して周波数が決められているが、MediaFLOでは複数のチャンネルを使っての放送をしようとのもの。 番組の容量に応じて帯域を変更しようとのもので、あるチャンネルの番組のデータ量が小さいとき、空いた分を他のチャンネルで利用可能にしようとのものである。 ワンセグでは、チャンネル切り替え時に周波数を大きくジャンプさせるが、MediaFLOでは切り替えの周波数が連続しているのでスムーズになり、大容量の通信も可能にする。 またMediaFLOでは、ワンセグの倍に当たる毎秒30フレームで放送を行う。 このため、画質的にも優れている。 更に電波が到達し難い場所では、毎秒15フレームに落として流すので映像が途切れることなく受信できる。 

MediaFLOは、リアルタイム映像の他、端末内に番組を蓄積する「クイックキャスト」天気予報、ニュースなどのデータコンテンツサービスもできる。 性能が上がっても、放送内容が同じであっては意味がないことから、MediaFLOでは一種のケーブルテレビのような専門化と多チャンネルが実現してくるのではと見られる。 楽しみである。

3年先アナログテレビ放送がなくなり、ISDBTmmMediaFLOのどちらかの規格が携帯に採用されるかは分からないが、あと数年すればケータイの多チャンネル携帯放送時代へと大きく変わることは確かである。

.

.

.

<携帯の使い方(29)> テーマパークに行って見よう

地下鉄丸の内線、半蔵門線の大手町駅出口にある 逓信総合博物館「テーマパーク」についてです。 今回はこちらで見られるもの、通信の歴史についてのお話です。

「テーマパーク」にはゆう郵便、電話、テレビの3つの情報通信コーナーがあります。 そのひとつ「電話コーナー」では、電話の歴史を遊びながら学ぶことができるようになっています。 昔の電話を見たり試したりできます。 江戸時代に平賀源内が作った「エレキテル」を使って遊べたり、モールス信号機やグラハムベルの作った電話機でも遊ぶことができます。 

電気通信で情報を伝える最初のものはモールス信号でした。 1837年にサミュエル・モース(モールス)が、電磁石を動かして長い「ツー」と、短い「トン」の2種類の組み合わせで信号を送る、モールス信号を発明しました。

そして最初に電話を発明したのがグラハム・ベルです。 ベルはどのようにして電話の原理を思いついたのか見てみましょう。 グラハム・ベルはイギリス生まれで、アメリカの大学に入り音の研究をしました。 そこで電磁石を使っての音の伝送を考え出し、1876年に音の強弱を振動版で伝えて電流を流し、受話器で音を再現する方法(即ち電話)を考え出しました。 

ベルが電話の特許を取ったと同じ日に、2時間遅れでアメリカ人のエリシャ・グレーが電話の特許を同じく申請したのです。 グレーはその僅かな差で電話の発明家にはなれませんでしたが、現在のFAXのような機械を考え出しました。 その後エジソンも性能のよい電話機を発明、ベルはエジソンからその権利を買い取ることになりました。 そして日本では1890年に東京と横浜の間で電話が開通しました。

その後、電線のいらない無線通信の時代になります。 1895年にグリエルモ・マルコーニが電波を使った無線通信を発明します。 電線がなくても電気信号が送れるので、船や飛行機に使われるようになって行きます。 そして携帯電話の登場ですが、日本で最初に使われたのは1979年自動車電話ででした。 更に1985年に、肩に掛ける「ショルダーホン」が登場し、1987年に今の携帯になってきました。 そしてデジタル携帯、ワンセグ携帯へ、今回説明の近未来多チャンネルワンセグへと進化しています。

.

.

ブログの総目次は 下記をクリックしてご覧ください。

   http://www.abcaiueo.com/

2008年8月13日 (水)

携帯35(PHSの高速化) 使い方28(デコメール)

今月のケータイのはなし(35)では携帯の最新テクノロジー、ケータイの近未来の2回目「PHSのスピードアップ」についてです。 また後段の携帯の使い方(28)では 「デコメールの作成」についてです。 前段はソフトバンク雑誌・ケータイBestVol43を参考にしました。

.

.

<ケータイの近未来> WILLCOM社のPHSのスピードアップ:

昨年12月に、前回説明しましたモバイルWiMAXと同時に免許を交付されたのが、WILLCOM社の「WILLCOM CORE」です。 これは「次世代PHS」と呼ばれるもので、ドコモの進める次世代通信技術LTEやモバイルWiMAXと同様に変調方式は、OFDMA方式が採用されています。 因みに、変調とOFDMA方式について下記しておきます。

変調と言いますのは、ある信号をある信号に変換することをいいます。 放送に使うデータは基本的にはビデオデータとオーディオデータの組み合わせですが、電波に乗せるときには違った形の波長・周波数に変えます。 そのときの電波の形に、MIMOとかOFDMUWBとかの形があります。 その形については大雑把ですが、次のようになります。

OF  ①OFDM方式:OFDMは、周波数を細かく分けて、別々の周波数を使ってデータを送受信します。異なる周波数を使って、データを複線で並列的に送ることで、時間内に送受信できるデータ量を増やしています。 その中で周波数を隙間なく効率よく使用する方式のものが、OFDMA方式です。 詳しくは、こちら参照:

M   ②MIMO方式:MIMOは、複数のアンテナを使うことでデータを複線で並列的に送ります。MIMOは、OFDMと同じようにデータを複線で並列的に送ることで、時間内に送受信できるデータ量を増やし高速化する技術です。 しかし、同一周波数ですみますので、周波数帯域を増やす必要がありません。 OFDMより今後期待されている高速化技術と言えます。 詳しくは こちら参照:

UW  ③UWB方式:UWBは数GHという非常に広い周波数帯域を使って、高速化を実現する技術です。 周波数帯域を広くすると伝送速度が上がることを利用して高速化を実現する技術です。 

話を戻しまして、「WILLCOM CORE」ですが、もともと32Kbpsの通信速度で始まったPHSですが、今では800Kbsまで高速化し、これが「WILLCOM CORE」により20Mbps(低速のADSL並の速度)にまでスピードアップされようとしています。 また「WILLCOM CORE」はPHSの「SDMA(空間分割多元接続)」技術を利用しており、「マイクロセル」に強みを持ちます。 「マイクロセル」とは、基地局を密集させて配置していくことで、混雑時の速度を確保しやすいことが特徴になります。 モバイルWiMAXや3Gケータイでは、基地局をを使用新たに建てるとき、その建てる位置で細かなセル(電波の届く範囲)の設計が必要になります。 これに対して次世代PHSWILLCOMO CORE)では、基地局をつめて設置することが可能であり、セルの設計は殆どいらなくなります。 基地局を素早く設置していけることができるので設置展開が早く、日本全国への工事もスピーディに進められています。 

WILLCOMはマイクロセルの強みを生かして、データ定額制や音声定額制、あるいはスマートフォン(通話だけでなく、コンピュータ機能をもった携帯電話)など、ケータイでは出来なかったサービスをいち早く展開してきました。 WILLCOM COREになっては、また新しい驚きをわれわれに示してくれるものと、期待がよせられています。

.

.

.

<携帯の使い方(2)> デコメールの作成について

Eメールで、文字や背景の色を変えたり画像を本文中に貼り付けるなど、装飾された楽しいメールのことをデコメールと言います。 ドコモでは90Xと70Xシリーズによりデコメールの作成が可能であり、 デコメールの受信だけならば880シリーズのらくらくホンなどで可能です。 

メール作成の画面において、「デコレーション」とあるボタンをクリックします。 それにより下記の操作が可能になります。

デコメールの問題点としては、画像をメールに添付して送信するという性質上、パケット定額制に加入していない場合は受信側にもパケット料金が発生します。 そのため、望まないデコメールを受信してしまい料金がかかってしまうことになります。 現在、デコメール対応機種においてこれを拒否する方法がありません。(Wikipediaより)

.

.

ブログの総目次は 下記をクリックしてご覧ください。

   http://www.abcaiueo.com/

「文字色の変更」:色を選択しておいて、文字入力をする

「文字サイズの変更」:小文字など選択後に文字入力

「画像の挿入」:撮影写真をメール文中に挿入できる

「文字点滅」:点滅設定後に入力した文字が点滅する

「テロップ」:文字が流れる字幕にできる

「スウィング」:文字が左右にスウィングする

「文字位置変更」:文章を左寄せ、右寄せ、中央揃えに

「ライン挿入」:横線をクリック行へ入れられる

「背景色」:メール全体の背景色を変えられる

「デコメピクチャ」:文字絵、顔文字の凝ったもの
   i
モードサイトからダウンロードできます

2008年8月 8日 (金)

携帯34(LTEとWiMAX) 使い方27(定型文)

今月のケータイのはなし(34)~では携帯電話の最新テクノロジー「ケータイの近未来」についてお話します。 また後段の携帯の使い方では 「定型文、絵文字の入力」についてです。 前段はソフトバンク雑誌・ケータイBestを参考にしました。

.

.

<ケータイの近未来> 高速通信がモバイル市場を広げる:

629ブログ3.9Gの世界がやってくるとのお話をしました。 3.9世代携帯通信技術であるLTEが本格的に使われだすと、携帯で大型の画面も取り込めるようになり、現在の常識では想像のできない新しい未来が実現されていく可能性があります。 LTEがいつ頃実用化するかですが、2010年くらいに商用サービスが開始されるのではと見られています。 実用段階では大型自動車に積んでいた端末が徐々に小型化していき、今のケータイサイズになる、商用化になるのはそのタイミングではと見られます。 今の3G世代携帯の上に乗っての3.9G世代の登場となることでしょうから、3G3.9Gの両者を採用できるデュアル端末になるのではとみらています。 これまでの携帯電話は固定電話に比べて性能がまだまだ劣っていましたが、LTEの採用により固定電話との差は縮められていきます。 今のサービスやコンテンツは、ケータイ端末の内部だけで処理できる大きさのものだけでしたが、LTEが普及すれば処理の遅れがなくなるので、ゲームのようなものもインターネットを通してできるようになってきます。 また伝送速度もアップしますので、ケータイでダウンロードする動画も大画面テレビに出力できるサイズまで拡大できるものとなります。 LTEが普及すれば、現在の常識では想像できない未来が実現していくかも知れません。

LTE通信技術と並んで、LAN技術延長上のWiMAXという通信技術があります。 これも6/29のブログで紹介しました。 この技術を使用したブロードバンドサービスは(株)UQコミュニケーションズなどがリードして準備を進めています。 WiMAXは情報家電に広く取り入れられることが期待されています。 現状では家電をネットに繋ごうと思うと、家庭にブロードバンド回線が引かれていることが前提になります。 その上で無線LANのアクセスポイントを設置して、自分で設定しなければなりません。 ですが、あらかじめ家電にWiMAXを組み込んでおきますと、電源を入れた瞬間に家電はネットワークに繋がれます。 そして家電メーカから情報が家電機器に送られてくることが可能となります。 当面、WiMAXを組み込んだものはミニパソコン形式のもので、携帯端末形式のものではありませんが、市場での展開が期待されます。 同社はこのような通信回線を他社へオープンにし、その周辺サービスの開発を求めていく考えです。 モバイルWiMAXは、2009年夏に東京、大阪、名古屋でサービスを開始し、2012年までに全国の90%をカバーしようとの計画です。モバイルインターネットデバイスをもった携帯端末であって、自分のIDで各種操作ができるという世界を実現しようとしています。

.

.

.

.

<携帯の使い方(2)> 定型文、絵文字の入力

メール文作成の画面において、「Menu」ボタンからの「定型文の入力」「区点入力」ほかの文章入力支援に便利な操作を見ておきましょう。

.

「定型文入力」をクリックしますと次のメニューになります。

「絵文字アート」  ^^^♪♪♪^^^

「装飾線」     +--+--+--+

「アドレスデータ」 @docomo.ne.jp  本日の日時

「ビジネス」    只今移動中のため~できません。

○○の件につき、PCにメールを~ ご確認ください。

本日はお忙しいところ ~ 今後ともよろしく~

「プライベート」  今日は一日お疲れ様~ 明日も頑張りましょう

          ○月○日予定は如何ですか?一緒に~
          体調はどうですか?ゆっくり休んで~
「文例集」    「暑中見舞い」「病気見舞い」「転居案内」
         「詫び状」「成功祝い」「人事異動通知」
「絵文字対応」  「ありがとう!!」「m(__)mごめんなさい」
         「今日の都合はどう!?」「おやすみなさい◇◇」
「英語文」    「Good morning. Have a nice day!
         「I had fun today, thanks.
「ユーザ作成」  

.

「区点入力」をクリックしますと、マニュアルにある漢字コード表からの入力ができます。

.

「電話帳引用」では、電話番号やメール番号をコピーすることができます。

.

「著名挿入」も「定型文」入力のメニューから入って選択します。

.

.

定型文のユーザ作成の方法:

Menu」→「単語パスワードの登録」→「定型文の登録」

新規著名の作成の方法:

待ち受け画面→「Menu」→「メール」→「メール設定」→「署名」→「署名編集」

.

携帯の種類により 操作は異なりますが、どの機種にも以上の機能はついていますので

確認され、ご自分宛にメールなどして使い慣れていただけたらと思います。

.

.

ブログの総目次は 下記をクリックしてご覧ください。

   http://www.abcaiueo.com/

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »