« データを守る(フォルダの作成は10位まで) | トップページ | 活用できるホームページ(日用品のショッピング) »

2007年4月29日 (日)

データを守る(バックアップのタイミング)

みなさんはどのようなものをバックアップされますか? ダウンロードしたソフト、メールのアドレス、重要な受信メール・発信メール、ホームページを見てのお気に入り登録のリスト、自分でこしらえたWord・Excelの文書、写真、絵画などなどだと思います。

一度バックアップしておけばよいもの、年に一度、半年に一度のものなどいろいろです。 仕事でパソコンを使っている人は毎月、いや毎日バックアップをしておく必要があるでしょう。バックアップの装置にも、USBメモリー、CD、DVD、Mo、HDDなどいろいろとありますが、バックアップの頻度、バックアップの方法によって選ばれます。

写真やWord・Excel・絵画の作品などは、年月別にフォルダなどを作り、年次別にバックアップできますので、CDやDVDなどに、それぞれのディスクに年次・内容などを記入しておいて保管すると分かりよいです。 それ以外のものは、どんどんと随時データが追加されるので、前回どこまでバックアップしたのか区切りが分かりません。 そのようなもののバックアップは、USBメモリー、HDD(外付けハードディスク・1万円内外から)などがよいでしょう。 アドレス帳のバックアップ、お気に入りのバックアップなどとフォルダをつくっておいて、それごと(ひとまとめにしておけると尚よい)バックアップ投入することになります。

前々回メールのバックアップについて説明しましたが、ホームページのバックアップ、お気に入りのバックアップについてはまだでした。 以下に説明します。 その方法は、InternetExplorerを起動し、メニューの「ファイル」→「インポートおよびエクスポート」→「次へ」→「実行する操作を選択してください:お気に入りのエクスポート」→マイドキュメントなどにバックアップファイルをつくっておき→「完了」 で可能です。 折角勉強してきたリストです。 大切にしましょう。

つぎに業務でパソコンを使用しているひとへのアドバイスですが、毎日毎日フォルダを選んでのバックアップは大変です。 自動的にバックアップできないものかですが、そのようなソフトが売られています。また、WindowXPにも必要最小限の機能をもったものがあります。 それでの方法は、「スタート」から「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「バックアップ」でできます。 そこからウィザード形式になっており、バックアップの種類、バックアップ元、保存先などを設定します。頻度や時間を設定して、定期的に自動バックアップをする設定ができます。

バックアップは単に重要なデータやファイルの消失を予防するだけのものでなく、増えすぎたデータの保管や整理にも役立ちます。 また人から大きなデータを譲り受けるようなときにも使用できます。一度考えてごらんになってください。

 このブログの目次は 下記ホームページ
 の「ブログ」項目よりご覧いただけます
   http://www.abcaiueo.com/

« データを守る(フォルダの作成は10位まで) | トップページ | 活用できるホームページ(日用品のショッピング) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: データを守る(バックアップのタイミング):

« データを守る(フォルダの作成は10位まで) | トップページ | 活用できるホームページ(日用品のショッピング) »